menu
menu
022-251-2021 受付時間:平日 9:00-18:00

代表挨拶

daihyouaisatsu東京都練馬区出身。東北福祉大学社会福祉学部卒業。在学中は福祉サークルにて施設向け音楽レクを実施。卒業後、東証一部上場IT企業にて、営業マー ケティング改善コンサルに従事。営業マーケティング講演や日経新聞掲載実績。その後、少子高齢化社会に一石を投じるべく仙台にて全国初の音楽リハビリデイ サービス立ちあげ。NHK取材、雑誌執筆、講演多数。趣味はギター、ウクレレ、日本縦断自転車旅行、サウナなど。

 

【ブログ】 ゆらリズム社長ブログ

 

 

音楽で健康も生きがいも

こんにちは。ゆらリズム代表の野崎です。私は人生において「健康」と「生きがい」はとても重要だと感じます。音楽はそれらをサポートするツールとし て有効です。たとえば、リズム感のある音楽を聴くと自然に身体が動きませんか?また楽器演奏などの趣味があると仲間づくりに有効ですし、生きがいにもつな がります。

 

音楽リハビリの取り組み

現在、ゆらリズムでは「音楽で健康も生きがいも」をスローガンに、音楽と運動を組みあわせた「音楽リハビリ」を提供しています。デイサービスでは介 護認定を受けた方に、介護度悪化を防ぎ生活の軸である自宅でも趣味生きがいを持ち続けるケアプランを作成しサポートしています。また自治体や町内会が開催 する健康教室に講師を派遣し、健康寿命を伸ばすべく介護予防の啓蒙活動をしております。さらに地域の介護施設スタッフや音楽講師など向けに音楽リハビリ指 導員養成講座も実施しています。

 

多世代共生

今後、新たな価値観が問われる日本においてのキーワードは、個人では「健康」「生きがい」、また地域社会では「多世代共生」だと感じます。音楽はそ れらを実現するには大変有効なツールです。また、年齢、性別、障害、役職、国籍などの「バリア」を「フリー」にして、「連携」させるツールとしても大変有 効です。

今後もゆらリズムは、子供から高齢者まで地域に住む方が健康で生きがいある生活が過ごせる社会の実現に向けて精進してまいります。

▲ページの先頭へ戻る