menu
menu
022-251-2021 受付時間:平日 9:00-18:00

プレスリリース

 

関係各位

2021年3⽉2⽇
株式会社ゆらリズム

⼀般社団法⼈ IMPACT Foundation Japan

 

 東北初!仙台にて障がい児職場体験プログラム「四⽅よしコミュニティー」が発⾜
 〜⼦ども、学校、企業、放課後等デイサービスの連携によるソーシャルイノベーションの実現〜

 

株式会社ゆらリズム(以下「ゆらリズム」)、および⼀般社団法⼈ IMPACT Foundation Japan(以下「IMPACT Japan」)は、地域共⽣社会実現に向けた「四⽅よしコミュニティー」活動(※1)の第⼀弾として、2021 年4 ⽉からゆらリズムが運営する放課後等デイサービス(以下 放デイ)に通う⼦どもを対象とした100事業所の職場体験を⽬指す「ゆらリズム職場体験チャレンジ100!」を開始します。


放デイに通う障がいを持った⼦どもは健常者と⽐べて⾊々なことを体験する機会が少なく、進学や就職の幅が限られているなどの課題があります。さらに新型コロナウイルス感染症拡⼤の影響によりこれまで⾏われていた数少ないイベントや活動も⾃粛せざるを得ない状況となっています。


ゆらリズム、IMPACT Japanは、このたびの活動を通して、放デイに通う⼦どもを対象にオンラインを活⽤し、”普段できない様々な体験”をしてもらうことを狙いに100事業所の職場体験を実施致します。オンラインを活⽤することで、新型コロナウイルス感染のリスクに考慮しつつ、⺠間企業新規参画を促進するとともに、他地区への展開可能なモデル構築を⽬指します。


■「ゆらリズム職場体験チャレンジ100!」の実施内容
・仙台市において職場体験を実施している企業のみならず、オンラインを活⽤して様々な企業の職場体験をリモートで実施します。
・オンラインを活⽤することで企業の職場⾒学受け⼊れのハードルを下げ、東北全体に展開できるモデルの構築を⽬指します。
・仙台市以外の企業としてコマツ郡⼭⼯場においても、無⼈ブルドーザーのリモート操作体験やドローンの操縦体験等を予定しています。
・3/26(⾦)12:00〜 INTILAQ東北イノベーションセンターにてキックオフイベントを開催する予定です。


(※1)「地域共⽣社会」「四⽅よしコミュニティー」とは
・「地域共⽣社会」とは住⺠⼀⼈⼀⼈が個々の特徴を互いに理解し、個性を最⼤限活かし「暮らし」「⽣きがい」「地域」を共に創り共存共栄する社会です。
・「四⽅よしコミュニティー」とは仙台における地域共⽣社会実現に向けた活動です。「ゆらリズム職場体験チャレンジ100!」はこの活動の⼀環として実施します。
・「四⽅よしコミュニティー」活動は、株式会社 ウィル・シードがIMPACT Japanと共同で主催している、⺠間⼤⼿企業4社より
選抜された課⻑層を対象とした「社会課題解決を通じたリーダー⼈材育成プログラム(※2)」を通じて創案されたものです。
⺠間主導で企業、学校、放デイが連携して、⼦ども向けの職場体験機会を創出する取り組みは東北初の試みとなります。

 

(※2)「社会課題解決を通じたリーダー⼈材育成プログラム」2021Link 貼付 https://www.willseed.co.jp/news/2020-0225/

 

 

 

■四⽅よしコミュニティーのイメージ

■今後の展望
1. 楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができるイベントを開催
・障がい者も健常者も⼀緒に楽しめるイベントを開催し、ミニ地域共⽣社会を実現します。
・仙台市近郊の企業に呼びかけ。地元ならではの個性豊かな体験イベントを開催予定です。
2. 四⽅よしオンライン
・オンラインを活⽤し「オープンでフラットなコミュニティー」を⽬指します。
・ウェビナーを開催し、企業の障がい者雇⽤,マネジメントのノウハウやgood practiceを共有する場を設けます。
・学校-企業、学校⇔放デイのオンライン情報共有を促進します。

 


【本件に関する報道関係者からの問い合わせ先】
株式会社ゆらリズム
Tel:022-251-2021 E-mail:nozaki.yura@gmail.com 担当:野崎
HP:https://www.yura-rhythm.com/


⼀般社団法⼈ IMPACT Foundation Japan
Tel:022-357-0543 E-mail:takashi.takekawa@intilaq.jp 担当:⽵川
HP:https://intilaq.jp

▲ページの先頭へ戻る